2019-11-06
カテゴリトップ>エレキベース>エレキベース>Fender>Other
Fender Custom Shop / 30th Limited Bass VI Journeyman Relic Candy Apple Red / Matching Head【S/N R89813】【御茶ノ水FINEST_GUITARS】
カスタムショップ
フェンダーカスタムショップ30周年を記念して製作されたBass VI!
今回復刻されたBass VIは1963年頃から採用されたJaguarタイプのピックアップを搭載したモデルです。
ネックバインディング・インレイについて、バインディングなしのクレイドット仕様ですので、年代としては63〜64年頃までの仕様といえるでしょう。

座っても立っても演奏のしやすいオフセットコンターボディーにショートスケール(30インチ)ネック。3基のシングルサイズピックアップを1弦側カッタウェイ付近に搭載されたセレクターでピックアップそれぞれのON/OFFとローカットを行える仕様となっています。

楽器の顔であるヘッド部分の再現度が低い場合、リーシューモデルとして非常に残念であるといえますが、当モデルは当時のモデル同様のスペックをしっかりと再現しています。
ヘッドロゴは金文字黒フチのトランディションロゴで、チューナーは当時ギターと共用で使われていたシングルラインKlusonタイプのチューナーが使用されているのも満足度の高いポイントです。
本来『KLUSON DELUXE』と刻印される箇所が『FENDER』となっているのはご愛敬でしょう。

BassVIの歴史として、ブリッジ駒は61年当初よりスパイラルタイプの駒が使用されますが、65年頃にムスタングのような1本溝タイプに変更されます。当モデルは前者のスパイラルタイプのブリッジ駒が採用されています。
特にJaguarやJazzmasterをお使いの方で、スパイラルタイプのブリッジで弦落ちをした・・・という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。これについてBass VIはギターと比べて弦も太いですので、よっぽど過激なアーミングを行わなければ問題にはならないでしょう。

また、当モデルはジャガースタイルのMute機構も搭載されています。
ワンタッチでON/OFFを切り替えられるこの仕組みは非常に画期的で、例えばJAZZ BASSではフェンスを取り付けなければなりませんし、同じくMute機構のあるRickenbackerでもブリッジ両端のねじを操作しなければなりません。手間のかかる操作を一瞬で行えるというのはメリットと言え、『Fender Mute』とはっきりと記されているのも製品に対する自信の表れのように感じられます。

レリック加工は2015年に新採用となったJourneyman Relicを採用。ボディー全体にウェザークラックと小さな打コン・黄変等を再現しながらも、過剰なダメージ加工は避けられており、レリック加工を敬遠されていた方にもおすすめできる絶妙な仕上げとなっております。

歴史に残るモデルでありながらも、なかなかお目にかかる機会の少ないベースシックス。
Custom Shopだからこそ再現できる精密かつ繊細な仕上がりをぜひ体感して頂ければと思います。
■保証:1年
■シリアルナンバー:R89813
■重量:4.075kg

UD20190326


価格
428,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
2〜5日で発送予定、お取寄せ時別途ご案内
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く