2020-01-10
カテゴリトップ>フランス>ブルゴーニュ(本拠地別)>コート・ド・ニュイ>ジュヴレ・シャンベルタン No1>クロード・デュガ(Claude DUGAT)
クロード・デュガ シャルム・シャンベルタン [2017]750mlマゾワイエールではなく本当のシャルムに区画を所有するクロード・デュガ。シャルム・シャンベルタンはジュヴレのグラン・クリュの中でも豊満なスタイルで知られるが、デュガのこのワインも同様。ただし、キメの細かなタンニンが絶妙のテンションをもたらし、骨格を形作る。凝縮した赤い果実味にスパイスや土っぽさ。平均樹齢は45年で、年間生産量はたったの3樽。開くのは比較的早いが長期熟成のポテンシャルは高い。

■テクニカル情報■ 産地:コート・ド・ニュイ地区AOCシャルム・シャンベルタン・グラン・クリュ 品種:ピノ・ノワール100% 畑面積:0.33ha 樹齢:40年以上 醸造:新樽率100%のバリックで18カ月熟成

★パーカーポイント92-95点 RobertParker.com #Interim 2019年1月5日
2017年のシャルム・シャンベルタン・グラン・クリュは、チェリー、カシス、リコリス、微かなエスプレッソのロースト香を思わせる表情豊かなブーケがグラスから溢れ出すように香る。新樽の香りが既にしっかりと果実に溶け込んで一体となっている。味わいはフルボディで恰幅が良く多次元的で、繻子のように口当たり滑らかで広がりのあるアタックが感じられ、素晴らしい深みが味わいの中核を成し、余韻の長いピュアな後味が広がる。食べ物と相性の良いワインだが肉厚でジューシーなシャルムで、飲み頃がかなり幅広い。

★バーグハウンド91-93点 BurgHound.com #73 2019年1月10日(飲み頃:2029年+)
エレガントな赤スグリや柔らかなスパイス、バラの花びらのフレッシュでピュアな香りを湛えた比較的ハイトーンなアロマに、ごく仄かな樽香が心地よく微かに香る。味わいもアロマに引けをとらないピュアで繊細なミディアムボディで、香りに表れていた洗練されたスタイルが味わいにも受け継がれている。優しく愛撫するような官能的な口当たりで、後味はしっかりとした複雑味と長い余韻を持ち、ハリのある引き締まった味わいだが、若いうちからとっつきにくいほどに硬質ではない。

★ヴィノス92-94点 Vinous.com 2019年1月 (飲み頃:2023〜2040年)
2017年のシャルム・シャンベルタン・グラン・クリュは、グラスの中でしばしの間スワーリングさせる必要があり、空気に触れるにつれてダークチェリーやラズベリージャム、木苺のアロマがゆっくりと徐々に花開いてゆくが、決してシャペル・シャンベルタンのように香りが全開になることはない。しっかりとしたストラクチャーを備えた骨格の良い味わいでマゾワイエールのスタイルに極めて近く、非常に豊かなミネラル香が中盤から溢れるように香り出し、素晴らしく余韻の長いコクのある後味がどこまでも続く。実に秀逸である。

■2017ヴィンテージ情報■
 (バーグハウンド誌 #73号 2019年1月10日掲載記事より)
【ベルトラン・デュガより】:「2017年は、芳醇なワインが作られた豊かなヴィンテージとなった。ブドウの生育期の始まりは早く良好だったが、常に2016年のような春の霜害の恐れが付きまとった。4月下旬の気温は冷害を懸念させるまでに急落したものの、この年は湿気が少なく、外気が氷結するに至らなかったため、それ以上の災害は免れることが出来た。その後は温暖な気候に恵まれ、病害によるストレスもさほど受けなかった。収穫は9月3日より開始し、非常に綺麗な状態の果実を収穫することが出来た。熟成具合も程よく、潜在アルコール度数は12〜12.5%ほどに収まった。ワインに関して言えば、爽やかで鮮やかな味わいで、酒齢の若いうちから楽しめるスタイルに仕上がった。2017年はグレート・ヴィンテージ、なかなか良質なクオリティを持つクラシックなヴィンテージで、ワインの仕上がりにはとても満足している。」


DOMAINE CLAUDE DUGAT / クロード・デュガ

ただテロワールあるのみという、畑第一主義のドメーヌ

当主クロードが25歳になる長女ルテシアとその3歳下の長男ベルトランとともに引退した父モーリスも収穫等の繁忙期には戦力として加わる。4ヘクタールほどの小規模なドメーヌを率いる。厳密な意味でのビオディナミではないが、何よりも畑第一主義のクロードは、いとこにあたるデュガ=ピィのベルナールともども、そのテロワールにかける思いはジュヴレ・シャンベルタンで図抜けた存在。それは、耕作に馬を復活させたのも、コート・ドールで最も早い。化学薬品の不使用は声高に叫ばれているが、畑にとっては、トラクターで土を踏み固め土中の生物の活動を阻害するのも大きなマイナス要因となるという点にも表れている。

そのような手入れをされる葡萄の樹齢は平均で40年以上、最低でも25年ほどだが、ヴィエーユ・ヴィーニュでは70年以上を数える。ともかくドメーヌでは最上のぶどう果を得るための労苦を厭わない。剪定も細心の注意で臨み、芽掻き、ヴァンダンジュ・ヴェールトそして収穫後の選果台と、徹底して健全で凝縮された果実を追求する。また濃密なワインからは、非常に遅い収穫でもたらされる果実を想像してしまうが、ドメーヌでの収穫はどちらかというと早い。2002年はバン・ド・ヴァンダンジュの1日前、酷暑の2003年は8月25日、2004年ヴィンテージでは収穫公示日と同じ9月25日という具合である。その収穫の時間も気温が上がり過ぎない午前中に行うことを基本にしている。発酵槽はコンクリートとイノックスで、野生酵母でゆっくりと行われる。樽はレジオナルとヴィラージュでも50パーセント、プルミエ・クリュとグラン・クリュでは100パーセントの新樽をあてがう。またSO_も最低限に抑え、基本的に瓶詰め時のみ、当然清澄、フィルター無しで瓶詰めする。

生まれるワインは何よりもピノならではの香り高さが圧倒的で、そこに滑らかなタンニン、しっかりした酸が合わさる素晴らしい凝縮度を備えたもの。そしてその複雑さや、バランスの良さ、余韻の長さは尋常ではない。グラン・クリュクラスの味わいはそこそこだがそれ以外はちょっと、といったドメーヌをよく見かけるが、クロード・デュガにおいては、グラン・クリュを味わうということ自体、絵空事に近いものがある為だけではなく、はっきりとACジュヴレにその見事さは十二分に表れている。また、並び称されるデュガ=ピィに較べると、クロードの生むワインはより酸がしっかりし、エレガントさに秀でていることが分かる。

価格
48,000円 (税込51,840 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
16時まで即日出荷OK(日曜/店休業日を除く)
残りあと7個です
個数
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く